背中の痛みについて

30~70代女性に対して、健康の悩みについてアンケートをとったところ、

•肩凝り・腰痛がある •太り気味 •視力の衰え・目がかすむ

•なかなか疲れが抜けない •基礎代謝・新陳代謝が悪い •内臓・皮下脂肪が多い

•便秘ぎみ •足がむくむ •頭痛がよくある

•寝つきが悪い・不眠ぎみ

などの回答があったそうです。


これらの回答のなかでも、とくに

•肩凝り・腰痛がある •なかなか疲れが抜けない •頭痛がよくある •寝つきが悪い・不眠ぎみ

といった回答が多く聞かれたとのことです。


当院でもこれらの症状を訴えてる方がたくさん来院されます。

どの方にも共通している体の状態、それは「背中のハリと固さ」です。

ご自分で「背中のハリと固さ」を自覚していらっしゃる方もいますが、当院にきて初めて自覚・実感される方もたくさんいらっしゃいます。

さまざまな症状の原因、まずは、背中からの見直しが必要ですね。


背中の筋肉について

一口に背中の筋肉といっても、大きさ、形などが異なる筋肉がたくさんあって背中の筋肉を構成しています。

脊柱起立筋と呼ばれる筋肉などがそれにあたります。(右図参照)

これら脊柱起立筋は、内臓の動きに影響を受けやすく、内臓に不調があるとかたくなり、背中のハリを強くします。

背中のハリをとり、内臓の機能回復して、疲れがとれやすい体にすることがポイントです。

肝臓がしっかり代謝・解毒できるように、肺でしっかり酸素がとりこめるように、など。

当院では、筋肉状態から、背骨、骨盤、肩甲骨、足関節なども一緒に見直して

「内臓が正しく動ける状態」に導き、症状の改善を手助けをしてまいります。

上記アンケートの各症状の改善も期待できます。(代謝アップ、むくみなど)

ご相談くださいね。